犬連れ湯西川・鬼怒川旅行(1) 「佐野ラーメン いってつ」&湯西川温泉「湯乃宿 清盛」

7月26日から練を連れて日光方面に遊びに行って来ました。今回は湯西川と鬼怒川に1泊ずつの2泊3日の旅になります。

DSCPDC_0003_BURST20200726100525905_COVER.JPG
練の後ろ姿からのスタートです。運転席側の後部座席がいつもの練のポジション。外を眺めて何を思っているのか。お出掛けなのはわかっている感じなので、今日はどこに行くのかな?とか?まあ多分ぼおーっとして外を見ているだけだと思いますが。

DSCPDC_0003_BURST20200726141446290_COVER.JPG
自分のベッドの縁に肘を乗せて、人間が寛いでるっぽいポーズ。ちょっと偉そうな感じ。
今回の旅行もとにかく練の体調だけが心配でした。一時また咳がひどくなったりしてもう旅行は無理かな…と思っていたのですが、すぐに復活!まだ梅雨明けしていなかったのでお天気は悪かったですが、それでも練が元気に機嫌よくしていてくれたのでそれだけで十分です。

DSC_0003_BURST20200726112916542.JPG
途中佐野藤岡ICで高速を降ります。目的はもちろん佐野ラーメン。最初「大和」と言う人気店に行ったのですが、オープン前の店の前には人だかり。名前と人数を書いて待つシステムなのですが、既に24人待ちでした。あとからも続々と人がやって来て、屋外とは言え三密はどうなってる?状態。確実に1時間以上は待つと思われたのでこのお店は断念。
近くの「いってつ」と言うお店に行きました。

DSC_1570 (1).JPGこちらは待つことなく入店出来ましたが、それでもテーブル席とカウンターは満席。2つある座敷席に案内されました。注文したのはオードソックスな醤油味の佐野ラーメン。夫は確か醤油味のチャーシュー麺大盛だったはず。

DSC_1572.JPGこちらの自家製麺は手切りのようで太さが本当にバラバラです。太いのはうどん並みなのですが、細いのはそうめんより細い感じ。太い麺はもちもちでとても美味しいのですが、細いのは柔らか過ぎで茹で過ぎな感じ。スープはかなりあっさり目でした。でも久しぶりの佐野ラーメン美味しく頂きました!

DSC_1608.JPGその後道の駅に2ヶ所立ち寄ってから、湯西川温泉に無事到着。1泊目の宿は「湯乃宿 清盛」です。5部屋のみの家族経営の旅館で、2018年にペット専用宿としてリニューアルされたそうです。湯西川温泉で犬と宿泊出来るのはこの宿だけになります。

DSC_1610.JPG玄関にはその日に宿泊するペットの名前が書かれています。5匹の名前があったので5部屋満室かなと思ったのですが、他の2組さんがどちらも2匹連れでしたので、私たちを入れて3組のお客さんと言うことになります。今回のわんこたちは我が家の練を含めてほとんど鳴かない子たちだったので、とても静かに過ごすことが出来ました。

DSC_1578.JPG「時子の間」と言うお部屋を予約しました。17畳のツインルームで、畳にベッドが置いてあります。
宿ではコロナ対策で多少の制限などがありました。例えば部屋まで案内はしてくださいますが荷物は自分たちで運ぶとか、口頭での細かい説明はなく文書での説明になるとかです。布団も自分たちで敷くとのことでしたが、私たちの部屋はベッドでしたので関係なかったですね。

DSC_1579.JPGレトロな家具や調度品。ちなみに時子と言うのは平清盛の奥様で、正室ですが後妻さんだったのこと。清盛亡きあとは彼女が平家の家長的存在だったそうです。でも源氏に敗北したあと孫の安徳天皇を抱いて入水自殺されたとのこと。何だか本当に波乱万丈の人生だったのでしょうね。それに比べて私などは実に平々凡々な人生だよなあ(今のところ…)と、部屋のマッサージチェアでマッサージしながら考えたりしたのでした。

DSC_1580.JPG和調のパウダールームが付いています。狭いのでルームと言うよりスペースと言うところですが、ここが練のご飯を用意したりするのにとても重宝しました。

DSC_1600.JPG湯西川は平家の落人伝説の場所ですが、二階の自販機の横には鎧兜が置いてありました。これって結構顔が怖いですよね。

DSC_1596.JPG帳場には鹿のはく製。こちらの宿では今でも犬を数頭飼っていらっしゃいますが、昔は猟犬がいたそうです。猟師さんだったのでしょうね。猟犬は本当に過酷で、狩りの前は何日もご飯を食べさせなかったとのことでした。そうしないと猟犬として狩りが出来なかったそうです。簡単に可哀想と思ってしまいますが、猟師さんも生活がかかっていますからね。盲導犬や警察犬などもそうですが、やはり仕事をする犬は本当に大変な毎日なのだと思います。

DSC_1581.JPGお風呂もコロナ対策がされていました。通常は男女別の浴場は自由に利用出来、夕食後に貸切にするシステムです。でも現在は男女の浴場を予約制の貸切にして順番に利用し、ひと組が利用した度に消毒清掃すると言う対応になっていました。檜造りの貸切風呂は利用出来ませんでした。
私たちは夕食前に女性用のお風呂を利用しました。5部屋の宿なのでそれほど広くはありませんが、露天風呂も付いていて二人で貸切なら十分過ぎる広さです。夕食後もお風呂の予約を入れられたのですがそこはパスして、翌朝に今度は男性用のお風呂を使いました。どちらも造りや広さはほとんど同じ感じでした。

DSC_1582.JPGこちらの宿は犬も浴槽に入れる以外はどこにでも連れて行って良いのですが、その代わりに部屋に犬だけを置いておかないことになっています。これは通常時も同じです。なのでお風呂にも練を同伴し脱衣所で待たせておきます。ドアがガラスになっているので練が湯船に浸かっている私をじーっと見ていますね。あんなところで何やってるんだろ?って感じですが、お風呂入ってるのよ。
いずれ寝てしまうだろうと思っていたのですが、結局ここではずっと起きてました。

DSC_1583.JPG
お風呂のあとは練を連れて食事処での夕食です☆

犬連れ湯西川・鬼怒川旅行(2) 湯西川温泉「湯乃宿 清盛」夕食と朝食&日光東照宮に続きます。






seesaa_profile_icon

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント