ペットボトルで水耕栽培 ☆パクチーとルッコラ☆

昨年春に名古屋に引っ越して来て、今度借りたマンションはキッチンにも南側に窓が付いています。
結構日当たりも良いので、キッチンの窓際で水耕栽培を始めたらいいかなあと思いました。
ネットで色々検索したり、図書館で本を借りて来たり。
そんな中でネットで見つけたペットボトルを再利用する方法が、一番手軽で私にも出来そう!という感じでした。
夏頃から始めてみましたが、そこそこ育つので結構面白いです。
今はパクチーがかなり育っています。

画像

ちょっとづつ摘み取って使えるので便利です。香りもとても良いです。
育て方としては、ペットボトルの上の方を切り取って、細長く切ったフェルトに緩衝材のプチプチを巻いて落ちないようにして口に差込みます。
こんな感じになります。

画像

これにバーミキュライトを入れて種を巻きます。
ペットボトルの下の部分に液体肥料を入れてこの上の部分を乗せるわけです。
藻が生えないようにアルミホイルやアルミシートを巻きます。

ペットボトルやプチプチは家にありますし、フェルトもアルミシートも100円ショップで手に入りました。バーミキュライトはホームセンターで200円くらいでした。
画像


一番手に入りにくいのは液体肥料ですね。
「ハイポニカ液体肥料」と言うものが一番水耕栽培にオススメとのことなのですが、一般のホームセンターではなかなか売っていないようです。私もちょっと探してみましたがどこにもありませんでした。そこで楽天で検索して注文した次第です。

画像

一番小さいサイズで500mlの2本セットです。A液とB液を混ぜて使います。500倍に希釈して使うので、私の様に細々と育てている分にはかなり使いでがあります。1年くらいもちそうです。
3Lの水だと青いキャップに一杯づつ入れれば丁度良いので、いつも大きな焼酎のペットボトルに3L作って使っています。

育ってくるとフェルトの中を伝って根もどんどん伸びていきます。イメージ的には貝割れ大根の根がスポンジに生えている感じですね。
画像

パクチーを持ち上げてみると根がこんなに育っています。アルミシートを巻いてあるおかげで藻も発生せず根も白くきれいです。
このまま液体肥料が切れないようにだけ気をつけて、摘み取りながら使っていきます。
もう育たなくなったらバーミキュライト、フェルトごと処分します。ペットボトルは何度でも使えます。

なかなか私の説明ではわかりにくいと思われます。すみません。。。
ネットで調べると詳しい方法を書かれている方がいらっしゃるので、興味ある方は調べてみて下さいね。私もそうやって参考にさせて頂いたもので。。。

パクチーの他にオススメはルッコラです!サラダや和え物にはもちろん、チーズトーストに乗せるだけでも美味しいです。とても重宝するので丁度食べごろに育ったころに次の種を蒔くようにして、切らさないように育てています。

画像

今は他にチャイブとチャービルを蒔いたところですが、まだヒョロヒョロの芽が出たところです。
以前水菜もちゃんと育ちましたが、水菜の場合一度に全部使ってしまって終わり!でした。やはり少しづつ使うハーブ系のものが育てがいがあるかと思います。

今日のランチにはそんなパクチーを添えてみました。

画像


ご飯の上に目玉焼きともやしとパプリカのソテーを乗せただけです。ナムプラーを掛けてパクチーと一緒に頂きました。一応本人タイ風ワンプレートのつもりです☆

その後「ペットボトルで水耕栽培再び ☆今はルッコラとみつば☆」の記事も書いています!
seesaa_profile_icon

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック